NHKの受信料問題

2003年12月1日より地上波デジタル放送が開始される。高画質、双方向、多チャンネル放送がウリのデジタル放送だが、2000年12月にスタートしたBSデジタル放送は「1000日で1000万世帯への普及」を目的としながらも、NHKの調べでは1000日弱の今年7月末で約432万世帯と目標の半分にも届いていない。民放各局でも視聴率がとれないから広告収入が落ちこみ、制作費を削ったために番組の質も下がるという負の連鎖反応が起こっている。唯一、健在なのが、受信料が収入の約97%を占めるNHKだ。ところがデジタル化の“副作用”で、「払う」「払わない」の受信料問題が改めて噴出しているのだ。

NHKの受信料問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39605532

この記事へのトラックバック

三日で90万(笑)
Excerpt: 少し前までドウ○イだったのに、今ではセッ○スで生活してます(笑)
Weblog: たけちゃん
Tracked: 2007-06-04 08:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。