NHK受信料の支払い、停止運動の会が呼び掛けへ

NHK受信料の不払い運動をしていた「NHK受信料支払い停止運動の会」(共同代表=醍醐聡・東京大学教授)が、会員287人に支払い再開を呼びかけていくことをNHKに文書で伝えていたことが8日、わかった。

 また、同会はこの呼びかけに当たって、NHKに対し、〈1〉政治におもねる体質の清算〈2〉受信料不払い者への民事督促の中止〈3〉高齢者世帯などに対する受信料免除枠の拡大――などを申し入れた。

 同会は同日付で解散、今後は受信料を支払いながら、新組織「NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ」として活動する。解散の理由については、「支払いの有無にかかわらず、より多数の視聴者と連帯して、公共放送を市民の手に取り戻す運動の輪を広げるため」と説明。今後も、政府・与党主導の受信料の支払い義務化には反対していくという。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。